コロナ&花嫁~LOVE IS NOT CANCELLED~選択肢は?

コロナ&花嫁~LOVE IS NOT CANCELLED~選択肢は?

日本だけでなく世界中のコロナ事情が続く今、花嫁さんたちも結婚式の準備をしていますが、こうした状況の中で、思いもよらない決断を迫られています。

生きるということは、確かにこの時期ならではの考えですね。

今までは当たり前だと思っていたことが、今では贅沢なことになっています。例えば、外出したり、友達と会ったり。あるいは、大切な人と一緒に旅行に出かけたり、自然の中で週末を過ごしたり、美味しい料理と温泉でリラックスしたりすることも。

そして、結婚式を計画していた人たちにとっては、厳しい制限や禁止事項に直面することになりました。

みんなで集まること、特にレストランやホテルなどの閉鎖的な空間での”密”は選択肢に入らないし、ほとんどの花嫁さんたちにとって、この現実を目の当たりにしたでしょう。残念ながら、あなたが待ち望んでいた夢の日は、今のところ実現しそうにありません。

こちらのような人里離れた特別な場所で、限られた友人や家族の前で誓いを述べるのはいかがでしょうか? – Photo by Henry’s Adventure Elopements

カップルや業者が抱える問題とは

結婚式の日程を来年にずらしたり、1年前倒しにしたりするカップルもいました。

数週間が経ち、月日が経過しても、いつ元の生活に戻れるのかという不安は消えません。

もともと2020年の秋頃に結婚式を予定していた方々は、すでに11月や12月の結婚式ですら延期やキャンセルを余儀なくされてる可能性が出てきています。

これにより会場だけでなく、当初の予定に含まれていた結婚式に関わる他のすべての業者がスケジュールを変更されることになる一連の事態が発生しています。ドレスの試着はキャンセルされ、花や装飾の注文、結婚式のアクセサリーの製造者、ヘア&メイクアップアーティストさんたちは、ちょうどここのこれまでにない状況によって、大きく打撃を受けていることになります。

少なからず、結婚式に参列する為にスケジュールを調整していた親族や友人が予定を変更したり、日付がずっと先に設定されている中で、たくさんの招待客と連絡を取り合い、リスケしなければならないことは、今まで以上に面倒な作業になってきています。

この状況では、これは誰のせいでもないことを認識しておくことが重要です。コロナの影響は、私たち全員がステイホームを奨励され、それが私たちの生活予算を深刻化させているのです。その圧倒的なケースがやはり、中小企業であったり、サービス業の方々であると感じています。

予定を変更するときは、関係者全員が最も満足できる選択肢を見つけられるように、みんなで協力していきましょう。結婚式の業者は間違いなくあなたを助けたいと思っているので、落ち着いて協力的であることが最善の方法です。私たちはみんな一緒です。

日本の緊急事態が解除された後は?

ステイホームの状況がここ数ヶ月続いており、誰もが制限され、以前のように自分の人生や生活を計画することができないことに疲れています。

日本で非常事態宣言の解除が近づくにつれ、みんな、今後がどのような展開になるのかを期待しています。

もちろんさすがに、スイッチを入れた瞬間に昔の通常の生活には戻れるわけではないでしょう。

しばらくは大規模な集会が制限されたままになることが予想されます。夏の間に行われるはずだったイベントの中止については、毎日のように新しい発表がありますよね。

特に、夏の間に新型ウイルスの初動が沈静化した後、秋の冷え込みで再び増加するとの噂があるように、この時期には、新型ウイルスの感染が増加する可能性があると考えられます。

今のところ予想以上に長い間、様々な形態での制限が続く可能性があります。

世界中のカップルはどのように結婚式に対応しているの?

私たちは、できるだけ健康を保つために必要な対策を意識しています。手洗い、公共の場でのマスク着用、そして日頃から心身の健康状態を観察するようにしましょう。

自分の人生を他の人に捧げるということは、荒れた時や予期せぬ時にも一緒に生きる覚悟があるということです。

伝統的なスタイルでの結婚式がもはや不可能であるからこそ、エロープメントスタイルの結婚式では、たくさんの創造性と実行可能なオプションを多く提示します。

それでは、カップルたちはどのようにこの大切なこと(彼らの結婚式)について、自分たちで時間を作り、実行することに決めたのかを見ていきましょう!そして、あなた自身の想像力を駆け巡らせてくださいね。

1. Raziel & Jack

このカップルは、自分たちの家で結婚式を挙げることにしました!

ラジールさんは言いました。 「1日の終わりに、それは私たち2人のことであり、それは毎日祝う価値があります。」

2. Bri & Lindsey

Pogledajte ovu objavu na Instagramu.

Last night was nothing short of memorable, profound, and historic. We witnessed the truth behind the famous saying “Love wins.” Love is the most powerful force on the planet. And there’s no way we could’ve planned this pop up wedding in 17 days without our beloved vendors, partners, family and friends. We want to show them all some well-deserved love! . . Also WE’RE WIVES!!! . . . Wedding Planner: Cassie Crudo, Bride’s Best Friend @bbfaustin Venue: Doc’s Drive in Theatre @docsdriveintheatre Video: David Wells @go_dwells @boston_bobby Photo: Greg Fulks, Fulks Visions @fulksvision Officiant: Jen Hatmaker @jenhatmaker Bridal bouquets: Remi + Gold @remiandgold Vintage Car: Madre @madrerents Love Sign: D&B Creations @dbcreationsaustin Arch: Party at the Moontower @moontowerrentals Balloon Installations: The Balloon Collective @theballooncollective . . . #LeavertonPartyof5 #PopUpPandemicWedding #equallywed #pandemicwedding #lovehardhoney #dancingwithher #sheswithher #twobrides #twobridesarebetterthanone #lovewins #wifelife #loveislove #equality #femme #lesbians

Objavu dijeli 𝕓𝕣𝕚 & 𝕝𝕚𝕟𝕕𝕤𝕖𝕪 𝕝𝕖𝕒𝕧𝕖𝕣𝕥𝕠𝕟 (@the.mrs.leavertons)

友人や家族がライトアップされた車に座って、ドライブインシアター形式で結婚しました。

「パンデミックになったら、ドライブインで結婚するのよ!」ブリさんは笑いながら言った 。「最愛の人との結婚を妨げるものは何もないわ。世界的なパンデミックでさえもね」と。

この経験から何を学んだかと聞かれた時、ブリさんは次のようなアドバイスをしてくれました。「あなたの計画を緩く保って。私たちは本来するはずだった結婚式を計画するのに何ヶ月も費やしましたが、私たちの結婚式が2020年4月10日には催行できないことに気づいた後に、最終的に受け入れてもらえる場所にたどり着いた時、私たちは何か思い出に残る、深遠で歴史的な計画を立てることができました!私は以前、誰かに言われたことがあります。”悲劇と奇跡の区別がつかないこともある”と。当初の結婚式をキャンセルすることは、当時は悲劇的に感じましたが、パンデミック・ウェディングを計画し始めてたった17日間で実現できたことは、本当に奇跡でした。もう一度同じことをやり直したいと思っているほど価値のあるものです。」

3. Rime & Greg

Pogledajte ovu objavu na Instagramu.

#loveisnotcancelled April 15th 2020 | Yesterday was supposed to be the first leg of our wedding celebrations, where love & laughs with friends & family should have been carelessly the only things to share. As every bride & groom around the globe, we heartbreakingly had to postpone. However, we ended up having a surprise ceremony by the lake, all set up by our amazing friends (or should I say family) @lesdomainesdepatras They say nothing lasts forever, but this moment will for sure. As a story to tell to our children. But also as a gift that our family at @lesdomainesdepatras have put up for us, to turn a bittersweet moment into the most magical evening. Thank you all! Saying we love you is just not enough. xxx Rime & Greg Thank you @sarahfournier_ for the photos and lifetime memories! 🙏🏼

Objavu dijeli Greg Finck (@gregfinck)

「世界中のすべての新郎新婦のように、私たちは心を痛めながらも、式を延期しなければなりませんでした。周りの人たちは何も永遠に続くものはないと言いますが、この瞬間(結婚式)は絶対に続くはずです。子供たちに語り継ぐ物語として」とライムさんは語っています。

4. Sakile & Kamau

サカイル・ライルズさんとカマウ・ミッチェルさんは、2020年4月3日に新婦の実家の裏庭で正式に結婚式を挙げましたが、当初はメキシコのトゥルムのビーチで結婚する予定でした。「このような結婚式をするという私たちの決断は、簡単にできたものではありませんでしたし、それは同時に私たちが軽々しくしたものでもありません」とサカイレさんは説明しています。

 「いつ、どうやって実現させるかを決めるまでには、何度も話し合いや意見の相違がありました。私たちは、本当の夫婦のように妥協しなければならなかったけれど、私たちは最終的にその1日を楽しむことができたので、私たちが裏庭で結婚したことを正直に喜んでいます!” 実際、サカイレさんは、この時期に結婚式の計画をナビゲートする他のカップルのためのいくつかの助言をしています。「私はただ、このクレイジーな時間は、私たちが本当に成長し合い、自分自身とパートナーについて色々と学ぶことを教えてくれることを他のカップルにも知ってほしいのです。」と。「私は正直なところ、私たちの結婚式の日を何かのために交換するものとは思っていないし、これについては、もともとそういう運命で、予定されていた方法で起こったということなんでしょう!」

5. Roxy & Alex

2020年3月26日に結婚する予定だったにもかかわらず、ロキシーさんとアレック・ポーターさんは2020年3月21日にアリゾナ州メサの新郎の両親の裏庭で「I do」と愛の誓いを交わし、「リリック・フォトグラフィー」がその日の様子を記録しています。「COVID-19が結婚式の1週間前に私たちを襲ったので、私たちは2日以内に結婚式をまとめました “とロキシーさんは説明しています。「私たちの結婚式は私たちが期待していたものではありませんでしたが、本当に最も美しい親密な結婚式になりました!」とロキシーさんは言及しています。COVID-19は、私たちにとって特別な日を過ごすのには何も必要ないのだと気づかせてくれました。

6. Mattie Claire & Carl

Pogledajte ovu objavu na Instagramu.

A week ago from today Carl and I got married on the beach where our relationship first began. After a surf and flowers being put in my hair, we gathered here to bind our lives together. Carl is my husband and how this came to be is far from what we ever expected. This pandemic has shifted our world at large. We found ourselves being led by the Lord to here: simplicity, sandy toes, worshiping King Jesus, and vows for a lifetime. The weight of this decision was one we could not take lightly. 4 of some of our best friends sacrificially helped us get married. It was insane and humbling. Best Man @ drew 🙂 got officiated online to literally get us married – it made this even possible!! @annaaelizabeth took the most gorgeous photographs, gosh. We TREASURE them. Having her be apart of it was such a gift. @natandco__ (who also doubles as my soul friend) brought our vision to life effortlessly. Honestly, we are still reeling on how sacred and beautiful this day was. It was truly painful not to have the people we love from all over the country there. Our celebration later on will be all the more special to us. We cannot wait to embrace y’all. God is ever dependable and breathtakingly gracious. We will praise Him until His kingdom comes. I’m filled with gratitude. Much love from The Meese’s. 🤍

Objavu dijeli Mattie Claire (@mattieclaire_meese)

2020年3月21日、マティ・クレア・ミースさんとカール・ミースさんがカリフォルニア州スティンソンビーチで正式に結婚しました。「今日から1週間前の今日、カールと私は交際が始まったビーチで結婚しました 」と、マティさんはA. Elizabethの写真と一緒にインスタグラムに綴っています。「サーフィンをして、髪に花をつけてもらった後、私たちの人生を一緒に送るためにここに集まったの。カールは私の夫であり、これがどのようにして実現したのかは、私たちが予想していたものとはかけ離れたものだったわ」と。マティさんはパンデミックの影響を認めながらも、最終的には感謝の気持ちでいっぱいだと言います。「正直言って、この日がどれほど神聖で美しい日だったのか、今でも心が揺らいでいます」と彼女は続けます。「全国から愛する人たちが来てくれないのは本当につらかったです。今後の私たちのお祝いは、私たちにとってより特別なものになるでしょう。愛する人たちを抱きしめるのが待ち遠しいです」と。

7. Aimée & Seth

Pogledajte ovu objavu na Instagramu.

In an unexpected twist of events, as of yesterday we are officially husband and wife! Married March 21, 2020 in a private ceremony my father facilitated in my parents' living room, with just both sets of our parents in attendance. We ordered curbside pickup from one of our favorite local restaurants for dinner and donut shop for dessert. We got flowers from a small florist down the road. I wore the dress I had originally planned to wear for our rehearsal dinner. Our photographer graciously offered to come take some photos to capture the day. While not our original plan, or even plan Z, the day was still special and filled with love. The only thing that would have made it better is if our guests could have shared it with us. We can't wait to celebrate in person in the future at our wedding reception "take-two". We are wishing everyone health and safety as we start our life together. #HalfAssamedQuarantineWedding #KickingAssamTakingNames #AssamTogether 📷: @steenaanne

Objavu dijeli Aimée Sommerville Assam (@aimee.s.assam)

結婚式予定日の6日前の2020年3月21日、ミネソタ州ミネアポリスにある新婦の両親のリビングルームで、エイミー・ソマーヴィルさんとセス・アッサムさんは結婚しました。新婦の母親とセスさんの両親が見守る中、新婦の父親がプライベートな式を進行しましたS. Anneは、特別な瞬間をキャプチャーするために呼ばれました。「私たちは道沿いの小さな花屋さんから花をもらい、私はもともとリハーサルディナーに着る予定だったドレスを着ました」とエイミーさんは言います。

祝福のため、彼らはお気に入りの地元のレストランとデザートのドーナツを路上でピックアップする方法で注文しましたが、花嫁によると、それはどれも重要ではありませんでした。「私たちの元の計画ではありませんが、あるいは計画Z、その日は特別な愛で満たされていた 」と彼女はInstagramに書いています。「唯一心残りなのは、私たちのゲストが私たちと一緒にその時間を共有できていれば、より良いものになってたということです。将来的には結婚披露宴「テイクツー」で個人的にお祝いするのが待ちきれないわ。一緒に人生をスタートさせるにあたり、皆の健康と安全を祈っています。」

8. Paula & Ken

ポーラ・ファストゥカさんとケン・カッカヴェールさんは、2020年3月21日にブルックリンのグリーンポイントのプライベートの屋上で “I do “と誓いました。「ケンと私は、数週間前からリラックスできるように、3月の初めまでにすべての詳細を完璧にして結婚式を計画しました。唯一私たちの頭の中にあったのは式当日の天候で、もともと結婚する予定だったボックスハウスホテルの屋根を開けるのに十分暖かい日を願っていました」とポーラさんは認めています。結婚式の1週間前に延期を決断した彼らは、その決断は確かに心を痛めるものでしたが、ポーラさんは、それは誰にとっても正しい決断だったと言います。「3月21日は私たちの日だった、私たちは敬意を持って別の方法で式を催行することを決定しました」 “と彼女は言います。「ゲストリストは185人から5人になりましたが、初めてのアパートの屋上で2人で挙式することで、先延ばしにしていた苦しさが和らぎ、この暗い日々に喜びをもたらしてくれました。写真家のY. Matsuoさんは、2人のために細部に至るところまで記録してくれました。

9. Hayley & Kyle

彼らのエロープメントのために、カップルはB. Elizabethを含む彼らの元の業者に頼って、一緒にお祝いを手伝ってくれる彼らの家族を頼りにしていました。「私たちの写真家は親切に場所を選ぶのを手伝ってくれて、式を実行するために彼女の夫を提供し、明らかに素晴らしい写真を撮ってくれた “とヘイリーさんは回想します。「今日の世界のすべての不確実性の中で、私は私たちの人々に感謝しています」

10. Michelle & William

Pogledajte ovu objavu na Instagramu.

Mr+Mrs Green // . . These two had planned for a wedding out in Big Bend Texas… and due to the coronavirus everything was put off and hearts were broken due to all the planning and the fact that they are moving to North Carolina soon. So after much thought Michelle called me and asked us if we could go ahead and give them a ceremony and get these two married along with using some decorations they planned on using at their wedding, so with that being said… we accepted the challenge and created a timeline, style, got in touch with the florist, studio and searched for a cake! . Well as you can see they got married and had their cake too! Sometimes things may not work out the way you thought they would… Sometimes they are way better 😉 and you get to be even more creative and have more fun! . Honestly today reminded me so much of why we do what we do – pure joy and love for PEOPLE. We love serving and creating spaces that allow you to FEEL loved and taken care of. I’m overwhelmed with sweet joy as writing this that we got to do something so special for these two today. . . Thanks for trusting us to make it happen Will+Michelle!

Objavu dijeli Texas Wedding Photographer (@wetheromantics)

「ウィルと私はアウトドアが大好きで、最終的にはビッグベンド国立公園での結婚式に決めました。こじんまりとした親密な結婚式を計画して、家族や友人と一緒に祝うことにとても興奮していました」と、2020年4月3日に予定されていたウィリアム・グリーンさんとの結婚式についてミシェル・グリーンさんは語っている。しかし、COVID-19の影響で地域が閉鎖された後、カップルは地元の裁判所が一般公開されなくなる前にエロープメントをすることにしました。「数日後、私たちは写真家We The Romanticsのジェスに連絡を取り、エロープメントを祝う写真撮影を計画することにしました。48時間足らずで、彼女はセレモニー、ケーキカット、ファーストディナーを用意してくれて、一緒に楽しむことができなかった特別な瞬間を撮影してくれました」とミシェルさんは言います。「不安の中、私たちの人生の中でこの特別な時間を撮影する機会を与えてくれたことに感謝しています。」

結論

コロナのせいでは人生は止まらない。

愛は永遠に続くもの!

すべてが想像通りになる完璧な瞬間を待っていても、それは永遠に来ないかもしれない瞬間を待っていることになるかもしれません。

この瞬間を生きる。今を生きる。限られた選択肢の中で創造的になれば、選択肢は常に無限であることに気づくでしょう。

今すぐエロープメントウェディングをして、コロナが終息した時に、みんなを呼んでパーティーを開いてください。

きっと、それはあなたの子供たちに伝えるに値する物語になります。

私たちヘンリーのアドベンチャーエロープメントは、アイディアを創造的になるようにカップルをいつでも応援します。

エロープメントウェディングはコロナから生まれたものではありませんが、欧米で人気が高まっているクリエイティブでノールールなウェディングスタイルとして、多くのカップルの悶々とした状況にぴったりの答えとなっています。

歴史ある結婚式をして #coronabrideになって #coronaweddingをするチャンスをお見逃しなく!

この記事は面白かったでしょうか?

役に立ちましたか?

お友達と共有してみてはいかがでしょうか?

LINEやお好きな方法でリンクを送ってあげてください。

Thank you!